キービジュアル

The Animal Cafe




こちらはチョンノンシーエリアにある動物カフェ。特徴は普段間近で見れないめずらしい動物に会えること! カラカルキャットやサーバルキャットと同じ部屋で過ごせるのが最大の魅力です。他にもアライグマ、フェネック、フクロウなどもいますよ!


外観
カフェ外観。サトゥープラディット19という通りに面しているお店です。


内観
入って1階はキッチンとテーブル席。
ハリーポッターのコスチュームが見えますか? そう、この奥にはフクロウのお部屋があるんです!
スタッフさんに声をかけて、静かに入ってみましょう。1回に入れる時間は5分間です。


シロフクロウ



アフリカオオコノハズク
中にはシロフクロウとアフリカオオコノハズクが!


コスチューム
コスチュームを着て一緒に撮影できます(編集部スタッフに着てもらいました!)。
気分はハリーとヘドウィグ♪


2階-1


2階-2
2階はこんな感じ。
取材時には猫が2匹、店内でまったり過ごしていました。


それではいよいよ、カラカルとサーバルのお部屋に入っていきます!
スタッフさんに声をかけ、一緒に入室します。1回の入室時間は7分間です。


チップとボウ
画像や動画でしか見たことのない子たちが目の前に…!
下にいるのがカラカルキャットのチップ(♂)、遊具に登っているのサーバルキャットのボウ(♀)です。


なでなで
気高さを感じる端正なお顔立ちですが、実際はおだやかな性格。なでなでされているときのこの気持ちよさそうな顔をご覧ください!


ボウ
サーバルのボウちゃんはまだ3ヵ月の赤ちゃん(2020年8月取材時)。子どもならではのやんちゃさに加えて、ちょうど歯が生え始めたばかりで甘噛みしがちなので気をつけてね、とスタッフさんが言っていました。

ところで、なぜボウちゃんがスタッフさんに乗っかっているのかというと、誌面のダイカット(切り抜き写真)用に、体全体をいい角度で写すためのカメラマンの工夫です。web版ではせっかくなので舞台裏をチラ見せ! 左の写真が実際に本誌でダイカット掲載されていますよ。


アライグマ
こちらはフェネックとアライグマのお部屋。


メニュー
The Animal Cafeは1フード1ドリンク制。しっかり食べられるメインディッシュからスナック系まで、幅広いメニューがそろっています。
Beef and Soft Shell Crab Burger 450B+/Spicy Chicken Wing 190B+/Spaghetti Tom Yum Prawn Paste Seafood 380B+/Blue Lychee 130B+


The Animal Cafeは「長時間ゆっくり動物とふれあう」というタイプのカフェではないですが、めずらしい動物をこんなに間近で見れて触れるのはバンコクではここだけ!
大きな動物園に行くのは一日がかりで大変ですが、ここならタクシーで気軽に行けますね。
他にも2階のケージにはブッシュベイビーやチンチラもいましたよ! 取材時はブッシュベイビーはぐっすりお休み中だったので、無理に起こさないよう写真は撮りませんでしたが、もしお越しの際はケージも見てみてくださいね!



(料金)
入場料:なし(1フード&1ドリンク注文制) 
エサ:不可

(information)
住所:311/2 Sathu Pradit 19, Chong Nonsi
電話:02-674-0277
営業時間:11:00~21:00
定休日:なし
FB:@theanimalcafethailand
IG:@the_animal_cafe


* ページトップに戻る

コメントは停止中です。