夕刻からが中華街の本番ですよ!

バンコクタラート漫遊記・中華街・ストリートグルメ1

トンオー ここは夕刻からの中華街の本拠地ですよ。

 

バンコクタラート漫遊記・中華街・ストリートグルメ2

小紋 こちらも完全に道路封鎖by屋台。ありとあらゆる屋台がありますし、あれこれ買って、机に座って、一大屋台宴を開催するのも可能ですので気に入ったものを全部「20バーツずつ!」と買うのも一興です。
トンオー じゃあ、この、あまりにも混雑しすぎて写真が撮れなかった屋台の料理と、私が好きな串焼きを食べましょう。

バンコクタラート漫遊記・中華街・ストリートグルメ3

トンオー こちらは「クエイ・ジャップ」、胡椒を細かく挽いたものをベースにしたスープに、紙巻きたばこのようにくるくると巻いた米麺を浮かべたものです。
小紋 具は豚のカリカリ揚げだけでも選べますよ。通常は内臓も入るそうです。スクンビットあたりではソイ38の夕刻屋台街でお店が出てるそうです。
トンオー さ、やっと今日の初仕事ですよ、小紋さん。しっかりコメントしてくださいね。
小紋 えー、あんなにしゃべってたのに仕事だと認識してもらえないのかー。まあいいや、どれどれ……ん、胡椒だけの単純な味がかえって潔く、つるつるの麺もひゅるっと吸い込めるおいしさです!
トンオー これは私の大好物、串焼きです。

バンコクタラート漫遊記・中華街・ストリートグルメ4

小紋 ちょっとトンオーさん、こーんな変哲のない料理、何のコメントもできないじゃないですか!!
トンオー えへへ、食べたかったんです。
小紋 もー、仕方ないなあ。って、結構おいしいですね、これ。タレが違いますね。ちゃんとピーナッツが適度な大きさに刻んであって甘い味付け。さすが、屋台が群雄割拠する地域で一見変哲のない料理を出してても生き残っているだけありますね。

 

移動中に・・・

トンオー フルーツも売っていますよ。

バンコクタラート漫遊記・中華街・ストリートグルメ5

小紋 皮をむいてくれてすぐ食べられる屋台と違って、日本の果物屋さんがいきなり露天商し始めた、みたいなお店ですね。
トンオー 梨がおいしそうですね。タイで梨は取れません。
小紋 そうですね、気温差のあるところでないと梨は取れませんからねえ。東京に比べて急に勾配が上がる山梨県や、砂漠のような気候条件になりやすい鳥取砂丘などが梨の産地ですが、そういうところはタイにはないですねえ。
トンオー 日本の梨はおいしいと聞きました。
小紋 最高です。タイでも中国からの輸入物が手に入りますが、全く違うものです。
トンオー こちらは中華まんじゅうです。

バンコクタラート漫遊記・中華街・ストリートグルメ6

小紋 うう、もう見ただけで勘弁してください、っていう感じです。
トンオー 小紋さんの家ではひょっとして。
小紋 ええ、コメントはこれ以上アレですけど、マダムのみなさんは美味しく食べてくださいね!!

 

トンオー ストリートグルメとは離れますが、こんなお土産屋さんもありますよ。

バンコクタラート漫遊記・中華街・ストリートグルメ7

小紋 ……タイに来てそれを買うのか、っていう突っ込みがありますが、アジアを勘違いしてる田舎のヨーロッパ人とかなら買っちゃうかもね。

 

トンオー さて、これも中華街の名物ですよ。

バンコクタラート漫遊記・中華街・ストリートグルメ8

小紋 天津甘栗ですね。トンオーさん、ふははははは。
トンオー なんですか、急に笑い出して。
小紋 小紋に栗、とはこれまた奇妙なご縁ですねえ。
トンオー なーに言ってるんでしょうか、この人は。
小紋 小紋、山栗が名物の某山間部で育ち、子供のころから蒸し栗だの、ゆで栗だの、栗きんとんだの、栗羊羹だの、栗ごはんばかり食べて育ったので栗には一段とうるさいですよ!!
トンオー って、食べるものが栗なのかイタリアンなのかの違いによるだけで、うるさいのは変わらないじゃないですか。
小紋 まあそうともいいますけどね。社会人になって、会社の人に子供のころから食べている栗きんとんを持って行ったら「ものすごい有名なお菓子ですよ、これ!!」って言われたことがあってびっくりしました。小紋の家ではついほったらかしにしてしまい、表面が固くなった栗きんとんを茶碗に入れてレンジでチンして牛乳かけて食べる、ということをしていましたのでねえ。
トンオー なぜ牛乳をかけるんでしょうか、そこで。
小紋 小紋は昔からご飯とみそ汁よりもたっぷりバターの乗ったトーストと牛乳が好きなんですよ。永遠の35歳になってもクリームだの牛乳だのから卒業できません。で、栗きんとんにもきっと「モンブランノケーキの味がする~」とか言いながら牛乳かけて食べてたのかも。記憶はないですけどね。
トンオー なんだか味覚が日本人じゃないですねえ。
小紋 それは本当に不思議です。外国暮らしになって、「日本食もあるし」っていうのが大きな安心ポイントだったバンコクで、日本食もそれなりに行ってますけど、実はイタリアンに行ってるほうがよっぽど多い。夫家族集会では選択の余地なく中華ですけど。日本食って、1年に5回も食べてないかも。それに比べたら、BTSプロンポン周辺の日系ベーカリーの使用頻度の高さは突出してますねえ。おかずパンよりも食パンにバターが大好き。うどんよりもスパゲティーが好き。
トンオー どんな日本人でしょうか。
小紋 ん~、小紋の人生、日本人に生まれましたけど、ある年齢から外国で暮らし、外国人の夫を持って、土地の食べ物を食べて、っていう運命なんでしょうね。日系ベーカリーが土地のものかどうか、っていうのは議論があるところかもしれませんが、原材料なんかは全部国内調達であれば「土地の物」とも言えるでしょう。
トンオー 今回は外国暮らしに関するあれこれを話していますねえ。ちなみに元ネタは天津甘栗なんですけど。
小紋 あ、そうだった。ちょっとつまみ食いさせてもらおうかしら。
お店の人 さーちょっと食べてみてよ、栗は日本から調達してるよ!!
小紋 えー、日本の栗は秋(9~12月)がシーズンなんですけど……って細かい突っ込みはやめましょう。日本種栗、ってことでしょうから。さてひとつ……ううーん、マダムのみなさんも試食して「おいしい!」って思ったら買ってくださいね! 栗育ちの小紋はとりあえず現在勤める某大きい会社のオフィスのみなさんにひと箱お土産で買っていこうかな。

 

ストリートグルメ前半はあれこれつまんで楽しみましたね! 明日はいよいよ、有名シーフード店を訪問します。


Bangkok madam(バンコクマダム)