トンローやサイアムかと思うほどのおしゃれさ。

バンコクタラート漫遊記・中華街・カフェ1

小紋 なんだかおしゃれっぽいカフェ?

バンコクタラート漫遊記・中華街・カフェ2

トンオー 入ってみましょう、、、あ、かなりきれいなカフェですよ!

バンコクタラート漫遊記・中華街・カフェ3

小紋 あ、なぜに飲料水がイタリア製サンベネデット。

バンコクタラート漫遊記・中華街・カフェ4

小紋 そしてビールがこれまたイタリア製モレナ。

バンコクタラート漫遊記・中華街・カフェ5

小紋 イタリアに行ったときにサンベネデットはよく飲んでました。モレナは知りませんが、モレナってスペイン語では「黒髪の女」という意味ですねえ。たぶんイタリア語でも同じ意味でしょうね。飲んでみたい!
トンオー もー、最後の最後まで取材中に「飲みたい!」っていうのを忘れないですね。
小紋 ちょっとオーナーさんにインタビューしてみましょう。中華街初のおしゃれなカフェのオーナー。どーんな人でしょうかねえ。でも中華魂忘れじ、でこんな碁の台とかも置いてみたりして。

バンコクタラート漫遊記・中華街・カフェ6

オーナー 生まれも育ちも中華街ですが、外国に勉強しに行ったときにヤワラートのコテコテ具合に初めて気が付きました。えへへ。
小紋 ははは、外国に出て行ってやっとわかる、その地のユニークポイント。
オーナー 工学部の建築学科を出たのでデザインも自分でしました。
小紋 なるほどね。なんでも自分でやっちゃうところがタイ人らしいというか。小紋夫のようですねえ。自分でやっちゃうからこそセンスがイマイチな出来になってしまう、っていうのは小紋夫のパターンですが、ここのオーナーは建築学科出てるだけあって、一応プロですからねえ。うらやましい。
トンオー うらやましいって何が。なーんて聞かなくても、小紋さんの家の中華具合のことですね。ご愁傷様です。
小紋 まあそれはさておき、ここのおススメメニューはなんでしょうか。
オーナー まずは「こぶみかんのソーダ」です!それと、これは自信たっぷりの一品、ニューヨークチーズケーキです!

バンコクタラート漫遊記・中華街・カフェ7

小紋 こぶみかん、ってトムヤムクンに欠かせないハーブですね。強い酸味と薫り高い果汁。どれどれ、ちょっと飲んでみましょう……って、トムヤムクンです、これ!!
オーナー どう、おいしいでしょう。ライムソーダやレモンソーダっていう、どこにでもあるメニューじゃなくて、こぶみかんソーダ。タイの独特の味がするし、デトックスにも最適です。
小紋 小紋は結構好きです。確かに他でない、新たな味ですね、これ。中もこんな感じで、ゆっくりとお茶が楽しめますね。

バンコクタラート漫遊記・中華街・カフェ8

おしゃれとは無縁、外国の大規模資本のファーストフードなど絶対入れない牙城だと思われていた中華街に「中華街出身者によるおしゃれなカフェ」が登場!日本からのお客さんも安心してご案内できますね。

住所:

Dobble Dogs  406 Yaowarat Road., (Dobble DogsSeng Heng Lee Gold Smithの店の近くにあります。)


Bangkok madam(バンコクマダム)