Subscribe to バンコク最新ショッピングモール案内 Subscribe to バンコク最新ショッピングモール案内's comments

*

健康第一のファーストフード

Gateway Ekkamai5~R BURGER~1

世界の不健康食品の代名詞ともなったファーストフード。各店舗での調理を極限まで減らし、調理設備の配置にも一歩の無駄もないように設計され、肉体への栄養だの同行者との会話だのを一切含まない前提の食べ物というかお腹さえ膨れれば的なものとしてとらえられがちですね。

ハンバーガーと言う形で知られる、食べ物としての文化やバックグラウンドを一切無視したファーストフードですが、これは別にハンバーガーが悪いわけでもない、というのはご存じのとおり。

ハンバーガーもこだわって作るなら立派な一品になりえます。パンのきめの細かさ、パンの焼き具合、お肉の選定、香辛料の具合、お肉の焼き具合、挟むお野菜の生産方法などなど、こだわればこだわるほど「ハンバーガー、ファーストフードってバカにしてごめんね。そしてファーストフードって呼ばれてその地位が地の果てにまで落ちているあなたにお悔やみ申し上げます」とか言いたくなるような感じです(笑)。

そのハンバーガーを本来の美味しい姿に戻そうとしているのが日本のMosバーガーさんでありタイのRバーガーさんだと思います。

まずはコチラ、つくねハンバーグバーガー。パンはなんとお水と小麦粉で練り上げた蒸しパンを使っています。こうすることで、バターやイーストを使わずカロリーを抑えることが出来ます。

また、ひき肉を良く練り上げてつくねにしたのがバーガーとの違い。お肉の弾力が格段に違います。

Gateway Ekkamai5~R BURGER~2

コチラはパンを使い、中の牛肉はオーストラリア産を使いしょう油とお砂糖やみりんで味付けをしたすき焼きバーガー。目玉焼きとも好相性です。

Gateway Ekkamai5~R BURGER~3

さて、ショッピン子がこのお店でおススメしたいのはコチラ、クリスピーチキンです。

Gateway Ekkamai5~R BURGER~4

20世紀のころからタイの微妙田舎に住んでいて、それでもそこそこ暮らして来た中で「どうしてもこれだけは日本で食べないとダメ!」と長年言い続け、それだけは日本に帰った時に絶対食べに行っていたもの、それはモスバーガーのクリスピーチキンでした。

21世紀に入り日本食産業が大挙してタイへ来るようになり、ショッピン子好物のモスバーガーもめでたく進出。最初にセントラルワールドに出来た時には食べに行きましたよ~。

そのうちエンポリにも出来てもはやいつでも食べられるものに。そうすると人間わがままなもので「わざわざ」食べに行かなくなっちゃうんですよね。

そんなモスのチキンを彷彿させるクリスピー具合。カリカリ好きのマダムは是非お召し上がりください!

コチラはライスペーパーでくるんで食べやすくしたお野菜。レタスはやはり自社農園から運んでいます。

Gateway Ekkamai5~R BURGER~5

最後は夕刻から販売が開始になる、オーガニックレタスを使ったサラダ。卵の有無で49/59バーツと価格が変わります。仕入れの関係で毎日販売とはいかないそうですが、出すと必ず完売になる人気商品。夕食の一品にご利用ください。

Gateway Ekkamai5~R BURGER~6

いやしかし、21世紀になって美味しいものが沢山食べられるようになったタイランド。20世紀の微妙田舎での苦労はなんだったんだ~(笑)って自分突込みです(笑)。

本日の価格査定:オイシーヘルシーなハンバーガー、たっぷりご賞味あれ!


Bangkok madam(バンコクマダム)