Subscribe to バンコク最新ショッピングモール案内 Subscribe to バンコク最新ショッピングモール案内's comments

*

フランス風ケーキの殿堂

Mille Malle3~Let Them Eat Cake ~ 1

甘いものに目がない旦那を持つショッピン子。このコラムを担当させてもらえることになり恒例になってきたのが「取材の日は何かしらお土産として持って帰る」と言うことです。そして、旦那はそれをまるで自分がコラムニストかのようにあれこれ言ってみる、というのが風物詩の一つとなっています(笑)。

なので、取材と言いつつも、どのケーキをお土産に買うか、もじっくり考えたいポイント(笑)。微妙田舎の正体不明洋風を目指した甘い塊を食べて育った人が日本へ留学し日本のお菓子の繊細さ、洗練具合の洗礼を受け、今じゃ一端の”スイーツコラムニスト”並みにあれこれ食べつつ色々言ってみる、を実践。聞いてるのはショッピン子だけですけど(笑)。

さて、今日訪問したケーキ屋さんは、「日本風ケーキ」全盛のバンコクこじゃれたカフェ界(笑)において敢えて「正統派フランスケーキ」で参戦するお店、「Let Them Eat Cake」さんです。

まずはパティシエさんにインタビューをしました。

Mille Malle3~Let Them Eat Cake ~ 2

お名前はMooさん。ケーキ作りは4~5年の経験があります。どこかで務めた経験はなく、本を読んで自分でアレンジして作っていらっしゃるそうです。

材料はタイ産の物に敢えてこだわっています。輸入物しか使わない、などよりも、現地で調達できるものからオリジナルに近いものを忠実に作り上げる、にこだわりたいです。

今、開店5か月でお客さんはタイ人が多いですね。日本のケーキのお店も行ったりしていますよ。Mという日本人パティシエのいるお店の物がおいしいと思います。

フランス風と日本風の違いというと、フランス風は素材の味をはっきり出し、パーツ一つ一つがきりりと独立した雰囲気と味を出す感じですね。日本の物はほんのり、ふんわりとした味わいが多いような気がします。

なるほどね~。原料の購買先のことなんて、確かに、と思いながら聞いていました。外国産の物しか出ない味もあるとは思いますが、原価を安くするために工夫するのもこういう仕事のうちの一つかも。いかに美味しくきれいなものが出来ても利益率が薄ければその仕事自体が嫌になりますもんね。

さて、ケーキの紹介をしましょう。まずは芳醇なローズの香り+実際にローズの花びらがデザインかつアクセントとして盛られているケーキ、サントノーレ ローズラズベリーです。175バーツ。

Mille Malle3~Let Them Eat Cake ~ 3

シューの底に飴をつけ、歯ごたえを出しています。クロカンブッシュからヒントを得たのかな?

クロカンブッシュイメージ図。ほそーい糸のようなものは砂糖と水飴を煮詰めて作った飴。多産であり、樹齢を重ねるように子孫が反映しますように、と言う意味を込めて、小さいシュークリームを木の形にしていくのだそうです。

Mille Malle3~Let Them Eat Cake ~ 4

中のクリームは甘さ控えめ、卵の味がしっかりわかるカスタードでした。

しかし何と言っても、ローズの薫り高いクリームがいい!ローズは女性ホルモンをアップさせる効用もあり、アフフォーや更年期に差し掛かった貫禄マダムに特におすすめのケーキとも言えます!!ショッピン子、もちろん若いバンコクマダムのスタッフさんを押しのけ、クリームだけがっつきました(笑)。

さて、お茶のご紹介。今回はブラックマンゴーというお茶を頂きました。ほんわりとイエローマンゴーの香りがして、「いやーん、こんなお茶飲めて幸せ~」って、20年前とかだったら会社の同僚の女の子同士で盛り上がっちゃうような素敵な香り!って、20代じゃなくても、移住歴長い日本人女性のグループの中で同じように盛り上がりますけどね(笑)。どのお茶も一つ180バーツです。

Mille Malle3~Let Them Eat Cake ~ 5

飲み物続きですが、こちらはイタリアエスプレッソ界の雄ともいえる、LAVAZZA。創業なんと1895年、独自の焙煎方法でコーヒー豆本来の甘みとコクの備わったコーヒーが淹れられるそうです。今日は人気メニューの、アイスカフェラテをご紹介いただきました。ホット130バーツ、アイス150バーツです。

Mille Malle3~Let Them Eat Cake ~ 6

さてこちらは他では見たことのない、“岩塩”を使ったケーキ。日本でも一時期「塩スイーツ」が流行りましたよね。塩入キャラメルを始めとしていろんなもの。まあ、日本にも昔から塩飴、塩饅頭とか、桜餅の桜の葉を塩漬けにする、とか塩味をスイーツにするのはよくある手法ですが、このケーキはもっと「フランス風」です。あ、岩塩!とわかるぐらいお塩なんですが(笑)、これ、カフェラテと妙にマッチして結構ハマりますね。名前はヘリテージ、140バーツです。

Mille Malle3~Let Them Eat Cake ~ 7

さて、最後の一つはミルクドームの真ん中にマロンペーストが入ったもの。名前はポワレ・ウイリアムドーム、150バーツです。

Mille Malle3~Let Them Eat Cake ~ 8

ミルクのドームはババロア。ぶりんぶりんの歯ごたえとしっとりした栗のペーストは好相性!こちらはお茶がとよく合いました。

この3つ、恒例のショッピン子旦那お土産として買って行きました。予想通り(笑)、ミルクドームはぶりんぶりんを突いたり栗ペーストと分解する子供食べ。ローズシューは味が見た目を違わずでご機嫌になったのか、「いえ~い」とか意味不明雄叫びをあげながら、ガリバーを槍で突く小人みたいにシューツリーを倒したり(笑)。

どちらも楽しんだ後、見た目が一番渋い(笑)ケーキは一口食べて、これは超予想外の味だったらしく「え、あ、う?!」とロボットみたいな奇声(笑)をあげて食べてました。ケーキは甘いもの、っていう先入観があるので、微妙田舎育ちには塩味ケーキはアレだったようですが(笑)、味に敏感な読者マダムには気に入ってもらえると思います!

本日の価格査定:日本風ケーキもいいけど、たまにはばっちりヨーロッパケーキで!と言う時にどうぞ。


Bangkok madam(バンコクマダム)