Subscribe to バンコク最新ショッピングモール案内 Subscribe to バンコク最新ショッピングモール案内's comments

*

屋根裏の隠れ家でおやつを食べちゃいたい!

Seen Space5~Mr.John's Orphanage ~ 1

1950年代のアメリカ。その当時まだ生まれていないショッピン子。ショッピン子旦那でさえ生まれていないその時代。アメリカはいろんな意味で世界の中心だったかもしれません。

それから何年後かして、ショッピン子子供時代が来るのですが、子供のころから見ていたのテレビは「トムとジェリー」「ポパイ」なんていう、ハリウッド系アニメを見ていました。

トムとジェリーの舞台になる大きなアメリカの御屋敷、アフリカンアメリカンの御手伝いさんが麺棒でトムを追い回す、ジェリーが壁裏や屋根裏を走り回る、、、

そんな姿に「アメリカの家ってこういう風なんだ」とまじまじと画面を見つめていました。

そんなことを思い出させるお店がここ、Mr.John’s Orphanageです。

バックグラウンドはまさに1950年代のアメリカ。コンセプトは「その時代の孤児院を再現した」と言うものです。

こちらは食堂を再現+子供が楽しめるよう、天井からお人形を吊り下げ、さらにそれが機械仕掛けで動くという凝ったしくみかつ、それがまたかわいくて楽しい!というお店です。

Seen Space5~Mr.John's Orphanage ~ 2

こちらは「おばあちゃんのお手製ケーキをおやつに食べる」というのをベースに商品ディスプレイや内装が施してあるキッチンです。

Seen Space5~Mr.John's Orphanage ~ 3

こちらはメリーゴーランドをイメージした素材置き場。新鮮なお野菜や果物が置いてあり、これも面白い趣向ですね!

Seen Space5~Mr.John's Orphanage ~ 4

そしてこちらがお菓子のディスプレイ。おいしそうなお菓子が一杯!そして、気取らないデコレーションはマダムが家で子供とケーキを作る時に参考になりそうですね!

Seen Space5~Mr.John's Orphanage ~ 5

例えばこれ。チョコレートケーキに、イタリアのお土産としてよく頂くフェレーロロッシュとウエハースチョコを使って「秋の森とそこで採れるきのこ」を表現したような感じのお菓子。なかなかおいしそうですね!

Seen Space5~Mr.John's Orphanage ~ 6

こちらは最近「きっと勝つ(カッツ)」のダジャレで受験シーズンに超人気のチョコレート、キットカットとM&Mをカラフルに敷き詰めたもの。子供と一緒に楽しくデコレーション出来るし、丁寧にクリームを塗る、とか繊細な作業も不要、しかもチョコ好きにはたまらないケーキですね!

Seen Space5~Mr.John's Orphanage ~ 7

さて、こちらでも色々頂きましたのでご紹介していきましょう。まずは、天然のバニラビーンズをたっぷり使った自家製アイスクリームを載せたチョコケーキです。

Seen Space5~Mr.John's Orphanage ~ 8

これはチョコレートの甘みもほとんどなく、あっさりと食べられます。

お次はデコレートもほとんどしない、素焼きのスポンジにクリームとイチゴを挟んだだけ、的ケーキですが、ショッピン子、コレがおいしかった!スポンジのキメがそれなりに粗く、それがまた「乳化剤を使ってません」という感じで。


Bangkok madam(バンコクマダム)