Subscribe to バンコク最新ショッピングモール案内 Subscribe to バンコク最新ショッピングモール案内's comments

*

かわいいお買いものと美味しいスコーンをどうぞ

Portico17

雑貨。バイヤーとしてあちこちでかなりの量と種類を買い付けし、ヒマラヤ登山の強力並みに荷物を担いで日本に帰る、という種類の仕事でした。

特にアジア雑貨は仕入れを安くすればするほど利幅が増えるため、言葉はわからなくても気合と根性で値切り交渉をする、というアイテムでもありました。

そういえば、オフィスのタイ人スタッフが日本語を勉強し始め、最近日々「今日のお昼ご飯はラーメンでした」「明日は土曜日でお休みなのでうれしいです」とかの練習相手をしているショッピン子ですが、最近面白かった話として、学校の会話のレッスン「これはいくらですか」の生徒同士のやり取り

A—「コレハ イクラ デスカ」
B—「○○○バーツ デス」
A—「イクラ ヤスク ナリマスカ」

と聞いたところ、ここで先生から「日本は価格は決まっていて、『安くしてください』という交渉はできないですよ。○○バーツです、と言われたら『わかりました、2つください、合計いくらですか」と答えなさい」

と言われた、と言うことです。あはは、先生が正しい。確かに普通の日本人は定価から割引してもらえるなんて思わないですよね。

って言ってるってことは、、、実はショッピン子、日本でもつい「もうちょっと安くしてもらえませんか?」とか「おまけに○○をつけてくれませんか?」とか言ってしまい、日本の家族に嫌がられている、という事実あり(笑)。

そして、いろいろ言うと、さすが日本!値引きはしてくれませんが、案外いろいろ出してくれたりするんですよね。言った者勝ちって感じ(笑)?皆さんも是非お試しあれ、って試す人いないと思いますけど(笑)。

って、雑貨から話は外れましたけど、そんな思い出のある雑貨。

仕事でアジアを回ってる間は「結構かわいい雑貨あるよね」と思ってたのですが、実際住んでみると日本の雑貨がどれだけかわいく洗練された物か、身を以て実感しています。

ちなみに、タイ人の間ではDaisoが大人気。「安くて便利でかわいい。」という社会的地位(笑)。旦那の妹も「Daisoやりたい」とか一時期言ってましたし。日本人的には100均ですけど?なんですが、タイ人の中では相当地位が高いらしい(笑)。

またしても外れてしまって失礼しました。で、そんな、「タイ人たる人物がかわいいと思う日本の雑貨」とカフェを併設したお店がバンコクに登場しました。

それがこちら。数々の雑貨を白を基調にした壁のお店でかわいらしく並べています。

Portico18

こちらはオーナーのジップさん。タマサート大学日本語学科を卒業していて日本語堪能。自分でデザインしたシャツや食器も並べています。このエプロンは810バーツです。

Portico19

Portico20

店内は本当に「ここは代官山か自由が丘?」と思うほど、日本らしい雰囲気のお店です。

Portico21

Portico22

Portico23

オーナーのジップさんに、開店の経緯をお伺いしました。

日本人のお客様にも「バンコクにもかわいい雑貨カフェがあるのね」と喜んでいただいています。

高校生ぐらいの時から、日本の雑誌を見ていて「かわいいなあ」と雑貨が大好きでした。お菓子の写真も載っているのですが、それもとてもおいしそう!でもタイにはなかったし日本語もわからなかったので「これを読みたい!作ってみたい!」という気持ちから、大学では日本語を専攻しました。本が読めてお菓子が作れて、なんてたのしいんだろう!と思いました。

お料理自体は勉強したことは特にありません。日本のお菓子作りの本を買って、美味しそうなものを一旦本の通りに作り、その後自分で気に入る様にレシピを変えています。

私が気に入ってるのはスコーン。カフェオレ味、ココアオレンジ味、イチゴチョコチップ味、抹茶味、そしてプレーン味を用意しています。プレーン味がスタンダードで、一番人気がありますよ。バターもタイ製ではいいものがないので、フランス製のバターを使い、紅茶も自分で飲んで美味しいものだけを提供しています。日本の煎茶は京都から輸入したものですよ。

お菓子以外にも日本の文房具が大好きでした。かわいいし使いやすいし、「これなら勉強したい!」と思うものも多かったです。このお店でも文房具は日本から輸入したものを並べています。

日本の物は大好きだし品質もいいしかわいいし、と思いますが、タイのものも、物によっては十分使えると思っています。

例えば、オーダーメイドや自分のブランドを入れた食器などはタイのほうが安い。きちんとデザインをだし、作る過程もチェックしていれば、タイ製品もいいものが沢山できますよ。

うむむ~、たぶん日本語勉強して10年か15年未満だと思うのですが、干支一周半以上在タイしているショッピン子の幼稚園みたいなタイ語と違ってすごい流暢です。雑貨談義もいろいろ楽しめそうですね!もう一枚、エプロンでポーズをとっていただきました。

Portico24

さて、こちらはジップさんが「本で見て大好きになりました。」という、スコーンです。奥にあるお茶は京都産の煎茶です。

Portico25

こちらには各味の違うクリームがついています。このクリームもまたおいしい!マダムも是非いってみてください。スコーン二つ120バーツです。

Portico26

特にお勧めという、イチゴチョコチップ味をクローズアップ。

Portico27

カフェオレも人気とのこと。一杯105バーツです。

Portico28

こちらはティラミスアイスクリーム。「クリーム大好き」とショッピン子と趣味の合う(笑)オーナーさんの大好物とのこと。ショッピン子も大好物です(笑)。

Portico29

こんなかわいくて美味しい雑貨カフェ屋さんが出来て、マダムのバンコクでのお買い物もますます楽しくおいしくなりますね!

本日の価格査定:雑貨談義も楽しめて、この値段はお得です!


Bangkok madam(バンコクマダム)