洪水座談会2

バンコクマダム79号本誌特集「命を支えるお水」で掲載した、「洪水座談会」のブログ版です。

今日は座談会後半の様子をお伝えします。

5.(洪水中)お子さまはどのように過ごしていましたか?

編集部 お子さまのいらっしゃる方に伺います。洪水のとき、お子さまはどのようにすごしていらっしゃいましたか?
駐妻D インターの高校一年生の子どもがいます。タイに残りましたが、洪水時、宿題はネット上で指示がありました。学校には行けませんでしたが、普段できないことを、と思って、新聞を読ませたり日本人塾に行かせたりしました。
駐妻F 私は一時帰国をしている間、下の子は日本の小学校に行かせました。長女が高3で受験生なので、日本の予備校に3週間通いました。本来であれば予備校に入れる時期ではなかったのですが、特別に入れてもらうことができました。この時期に勉強を見てもらえたのはよかったと思うようにした。一時帰国者の中には環境の変化などによる子どものストレスを心配して学校に行かせなかった親もいるようです。
編集部 何かしらの方法で、勉強が遅れないようにと対処されていたのですね。高校3年生と言えば、貴重な時期ですが、お子さまが通われた日本の予備校の対応は柔軟だったようで良かったですね~。ネットで宿題の指示が出るのは、さすがIT時代です。

6.今後気をつけることがありますか?

編集部 さて、冠水被害は落ち着きましたが、皆さん、今後気をつけようと思っていることはありますか?
駐妻A 私は、特にはないですね~。
駐妻E 私もこれといって。
駐妻C 私は、水を常に確保していくことですね。水が一番気になります。
駐妻B 気をつけること、ではないですが、浄水器を使っていてよかったな~とは思いました。
編集部 確かに、洪水時、スーパーの飲料水は減っていましたし、水質は心配されていました。特に、飲料水は一番気になるところですよね。
駐妻D 私は、今回の洪水で、情報に踊らされることがある、ということが分かりました。洪水の被害はそれほどないと言われていたのに、実際にはバンコクの中心部まで水が迫ったり、水が来ると言われていても来なかったり。日本ではタイ全域が水につかったかのような報道がされていたり。自分自身、情報をきちんと見極めて行動したいと思いました。
駐妻F 私もです。あとは、正しい情報をどこから得るかを気をつけたいですね。スーパーで友達に会うと「これを買ったほうがよいよ」といわれたりして、多く買ってしまいましたが、実際にはそんなに必要ではなかったということもありました。
編集部 こういった災害時は、facebook、Twitter、人づてなど、スピードの早いニュースが求められますが、誤った情報があるのも事実です。整理された情報が出てくるまでは時間が掛りますが、情報源から信憑性を見極める力も大切になってきますね。

7.洪水をきっかけに、改めて考えたこと、考え直したことはありますか。

編集部 今回の洪水は大変な事態でしたが、これを機に、改めて考えてみたこと、考え直したことはありますか?
駐妻A いろいろと話を聞いてみると、国によって価値観がまったく違って、更にはタイ人、日本人のオーナーによっても会社での対応が違うということが良く分かりました。相手に任せるのではなく、どういうタイミングで自分が判断するべきかを考えるべきだと思いました。
駐妻B 考えたことではないですが、facebookでリアルタイムに情報が分かるのは本当に助かりました。IT技術の発達に感謝!
駐妻C メールで友達や家族が心配してくれてうれしかったです。そういう人間関係や人との繋がりを今後も大切にしたいと思いました。
駐妻D 洪水は大変な被害でしたが、個人的には貴重な経験をしたと思います。もちろん、こういった災害はないほうがよいとは思いますが、災害にあったからこそ、自分を信じて行動、決断をする必要があるということを感じることができました。
編集部 facebook、Twitterという誰でも簡単に情報を発信でき、収集できるお手軽さも洪水時にリアルタイムな情報が欲しいというニーズにマッチしたようです。また災害時だからこそ、人とのつながりを再確認できる一つのきっかけになったようですね。

 

~座談会を終えて~

洪水に関する座談会をお送りました。
日本に一時帰国された方、タイに残られた方、お子さまのいらっしゃる方など、

状況はさまざまでしたので、様々な経験をされたマダムの声が聞けたのではないでしょうか。
洪水は多くの被害をもたらしましたが、災害を受けたからこそ感じたり、
得られたことが皆さんあったようです。
昨年の3月に東日本大震災の被害を受けた日本の2011年の一字は「絆」でした。
こういったことがあったからこそ、人との繋がり、
絆が大切だと改めて感じた人は多かったのではないでしょうか。

冠水の被害の後は復興です。
バンコクマダムでは、微力ながらタイの復興のための活動を支援したいと思っています。

コメントは停止中です。