洪水座談会1

バンコクマダム79号本誌特集「命を支えるお水」で掲載した、「洪水座談会」のブログ版です。

2011年11月に起きた前代未聞のタイ洪水。「日本人が消えた」と入れたバンコク。
実際に、洪水のときマダムの皆様はどうされていたのでしょうか?
生の声を伝えるべく、「洪水」というテーマで座談会を実施しました。

1.一時帰国しましたか?

編集部 一時帰国された方は挙手をお願いいたします。……一時帰国した方が3名、されなかった方が3名と分かれましたね。それではまず、一時帰国された方からお話をいただきたいと思います。
駐妻B 私は、強制的に会社からの指示によって3週間ほど日本に帰国しました。自分で飛行機も手配しなくてはならず、朝一の便で帰りました。
駐妻C 私も一時帰国しましたが、もともと帰る予定があったためです。バンコクにいるよりは安心かなと思いました。
駐妻F 10月27日の夜便で帰り、3週間ほど日本にいました。日本人学校がずっと休みで、これからも延長しそうだったので、子どものためを思っての帰国です。タイ赴任前に通っていた学校に一時的に入ることができたのでよかったです。
編集部 駐妻Fさんのように、お子さんの学校事情によって帰国された方は多かったようですね。それでは、逆に一時帰国されなかった方のお話を聞かせて下さい。なぜ一時帰国せずに、タイに留まったのでしょうか?
駐妻A なんだかんだで、大丈夫かな?と思っていました。もし洪水になったとしても、しばらく家の中で非難していれば問題ないかなと思っていました。日本に帰るよりも、帰らずにタイで生活することを選びました。
駐妻D 我が家では犬を飼っているので、ペットショップに預けた場合、停電したらどうしよう……という懸念がありました。マンションであれば、自家発電があるので安心です。一方で主人はパタヤに一時避難しました。
編集部 旦那さんだけ避難されたのですか? 珍しいパターンですね。なぜ、駐妻Dさんは一緒に行かれなかったのですか?
駐妻D えぇっと……恥ずかしながら、我が家の犬は吠えまくる犬なので、パタヤの避難先のホテルやコンドーには連れていけなかったのです……(笑)。
編集部 全てはワンちゃんのために、ということですね(笑)。でも実際、日本の震災時もペットの避難先や対応に困った方は多かったようですね。
駐妻E 私も一時帰国しませんでした。主人の工場が被災してしまったため、在宅勤務になりました。ずっと家にいるので、ご飯を作ったりと主人のためにすることがたくさんあったのでタイに留まりました。うちの子どもはもう大きいので、学校の心配などはありませんでした。

2.日本、タイで困ったことは何ですか?

編集部 日本に一時帰国された方も、タイに留まられた方も、今回のような非常事態においていつもとは違うシチュエーションや生活で困られたことも何かしらあると思いますが、いかがでしたでしょうか? まずはタイに留まられた方からお願いいたします。
駐妻A 食べ物や水がだんだん減ってきたのは不安でした。最終的には大丈夫でしたが、当時は「この先どうなるのだろう」と困惑していました。
駐妻E 飲料水が不足した時には少し困りましたが、どちらかといえば「洪水が都心部までくるのか?」という不安がずっとありました。
編集部 そうですよね。編集部もタイに残っていましたが、洪水に関しては毎日違った情報が入ってきて惑わされたり、情報に踊らされました。オンヌットに住んでいるスタッフのコンドーのオーナーなんか、ボートまで買っちゃったらしいですからね。食品に関しても、水や米が足りないと騒がれましたが、輸入品で賄う事ができましたね。一時帰国された方は、急遽日本に帰ったということですが、日本滞在時に困ったことは何かありましたか?
駐妻B・駐妻C 実家に帰ったので、何の問題もなく過ごせました。
駐妻F 私は主人の会社の支持で帰ったので、タイに戻る時も会社の許可がないと戻れませんでした。タイの日本人学校からはお弁当の発注があるため、いつ戻るかを調整しなければならず、それが大変でした。帰りたいのに帰れないのはとてもストレスに感じました。
編集部 なるほどですね。帰りの目途が立たないのはストレスフルですね。会社側も慎重に戻りの時期を見定めていた事でしょうから、中々帰れなかった、という方は他にも多数いらっしゃいそうですね。

3.洪水中は、どのようなことをして過ごしていましたか?

編集部 皆さん、主に10月中旬~11月下旬までの洪水期間中はどのようなことをして、それぞれタイと日本で過ごされていたのでしょうか?
駐妻A 語学学校に通っているので毎日通い、学校と自宅を往復する生活でした。友達も一時帰国してしまいましたし、洪水のこともあるのであまりうろつくのは辞めました。
駐妻E 在宅勤務の主人がほとんど家にいたので、私もあまり外出はしませんでした。
駐妻D 大体プロンポン周辺にいましたが、IKEAのオープン初日と、X-JAPANのコンサートにはちゃっかり行ってきました~!
一同 えぇ~!!
編集部 駐妻Dさん、なんだか普段よりも満喫した生活を送られていませんか?(笑)。まぁ、部屋の中でじっとしていてもつまらないですからね。
駐妻C 日本にいた時はテレビをよく見ていましたが、タイ全域が洪水になったような報道がされていて、本当かなぁ?と心配になりましたが実際はそんなことはなかったですね。自分が住んでいる地域は全く被害がないのに、会う人会う人に「大丈夫? 洪水はどうなの?」と聞かれて、正直返答に疲れました。心配してもらえるのは大変ありがたいし、嬉しいんですけどね。
駐妻B 私はせっかく時間ができたので、本をたくさん読んだり、勉強をしたり、親孝行をしました。
駐妻F 日本に帰っている時は、娘のお弁当作りをしたりしていました。また、主人の母と同居していたので、毎日三食作り、運転して買い物しました。バンコクとの生活の差や気を使ってストレスが溜まりました。
編集部 駐在時代は免れる、嫁・姑問題ですね。お義母さんと一緒に住むだけでも気を使うのに、三食作らなければならないとは……! 普段メバーンがいるご家庭だったらさらに大変ですね。いやぁ、無事バンコクに戻られてよかったですね。

4.タイに戻るのを決めた要因は何ですか?

編集部 一時帰国をされた方に伺います。タイに戻ってくる決め手となった要因はありますか?
駐妻B 決め手と言うか、行動力ですね!
駐妻C もともと予定があったので、予定通りのチケットでタイに戻りました。タイに戻る時期を延期しなかったのは、友達からの連絡やfacebookでの写真を見たりして判断したからです。飛行機はそんなに混んでいませんでした。
駐妻F 会社から、「日本人学校が始まったらタイに戻れる」といわれていて、学校の再開が21日に決まったときに、すぐチケットを手配しました。
編集部 皆さんは、大きなトラブルや混雑もなく戻ってくることができたようですね~。
逆にタイに残られた方は、洪水時の状況はいかがでしたか?
駐妻A 家がサパンタクシンのほうで川沿いなので、水位で全体の状況がなんとなく分かるようになりました。私の住んでいる地区は全然冠水せず、1階も無事でした。でも、11月28日は駅や小さいSoiが浸かったりましたね。
駐妻D 大潮のときはオンヌットのほうにも水が来るということだったのですが、午前、午後では状況が改善されたりするので、ほとんど洪水について心配はしていませんでした。
駐妻E いつもNHKしか見ていないのですが、洪水の時は民放を見ていました。あとは、よく行く喫茶店でいろいろな情報を聞くことができたので、そこに通っていました。ニュースで被災している人方々は、可哀想でした。
編集部 ニュースでは浸水している地域ばかりを写しますので、まるでタイ全体が水につかってしまっているように受け取れたりと、洪水の情報はタイにいても、日本にいても正確な情報が把握しづらかったですね。

座談会の続きは明日お伝えします。

コメントは停止中です。