洪水アンケート結果5~洪水に関する情報収集~

洪水アンケートの結果をご報告いたします。

日本に一時帰国された方、他県へ短期避難された方、タイに留まった方など避難状況はひとそれぞれでしたが、場所は違えど、皆さん共通したニーズは「洪水に関する情報が知りたい」だったのではないでしょうか。洪水が発生してから多くの情報が錯綜し、報道される情報も何が正確か分からず、噂が先行しているような状況だったと思います。
さて、読者の皆さんはどのように情報を入手していたのでしょうか。

1.洪水に関する情報収集について

タイ洪水アンケート、情報収集に利用したサイトのグラフ

日本人大使館のホームページでは正確で安定した情報を得られることからか、利用された方が一番多かったようです。全体でみると「Twitter」「facebook」「ブログ」といったソーシャルネットワーキングサービスの利用が多かったようです。
今年の3月の東日本大震災時も同じように「今すぐ知りたい情報」を求め、TwitterやFacebookにはアクセスが集中しました。ニュースや新聞で、きちんとまとめられた情報も大切ではありますが、TwitterやFacebookでは自分にとって身近な情報がリアルタイムで得られやすいため便利と感じられている方が多いようですね。
昨日のアンケート結果でも、今後のことが不安と言うご意見がありました。不安を解消する方法の1つが「情報を得る」ことだと思います。
ただ、東日本大震災時で実際に発生しましたが、特にTwitterでは誤った情報が流れたり、一部では混乱に乗じて悪質ないたずらツイートをするユーザもいます。震災時は、特に混乱に陥りやすい状況ですので、情報の信ぴょう性も含め、自分自身で正しく判断する知識や、1つの情報源だけでなく、ニュースや新聞も含め、裏付けを取ることも大切です。

バンコクマダムでもメディアとしての役割を果たすべく、洪水ブログを立ち上げ毎日の刻々と変化するバンコクの状況をお伝えして参りました。
 

タイ洪水、バンコクマダムWEBは役立ちましたか

「役に立った」という方が全体の5割弱、「知らなかった」「知っていたけどアクセスしなかった」という方が5割という結果でした。「知らなかった」方が多かったことについては、”もっとたくさんの皆さんに情報をお届けしたかった…”と、私どもの力が及ばなかったことを残念に思っています。

しかし、読者の皆さんからは暖かいメッセージもいただきました。

正直、避難していてタイの自宅でのパソコンが無いためバンコクマダムで洪水の情報を載せていることを知りませんでした。良い情報が載っていたようなので、見なかったことが残念でした。 Sさん
日本に滞在中はバンコクの様子が分からなくて不安だったのですが、バンコクマダムのWEBサイトは一番役に立ちました。 Nさん
バンコクマダム様にお礼を言いたいです。危険を顧みずよくぞあちこち取材してくださいましたね。タイ人スタッフのご家族被害にあわれた方お見舞い申し上げます。早く元通りの暮らしができるといいですね。祈っています。 Rさん
国内外を問わず、数多くのメディアが洪水の状況を報道する中、ここバンコクで生活する私たちにとって、一番正確でなおかつ有効な情報を提供してくれていたのが、他ならぬ『バンコクマダム』だったと思います。スクンビット周辺、あるいは生活に必要なエリアへの浸水がどうなっているのか、また幹線道路の状況、画像やカメラ映像で自分の目で確認できたことは、不安を払しょくするのに一番役立つものでした。 Tさん

今回のアンケートだけではなく、わざわざバンコクマダム宛に激励メールを送ってくださった方もいらっしゃいました。読者の皆さんからのメッセージやご応援は私達にとって大変励みになりました。本当にありがとうございました!!

さて、5日間に渡って洪水アンケートの結果についてお伝えしてまいりましたが、アンケートの結果については以上となります。
このほかに皆さまから頂いたご意見に関しましては、バンコクマダムの活動の参考にさせていただきたいと思います。

もし、現在知りたいこと、困っていることなどがございましたら、今後の情報提供時の参考にさせていただきたいと思いますので、以下のお問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

お問い合わせ
https://www.bangkokmadam.net/inquiry.html

コメントは停止中です。