「大がかりでなくても模様替えしたい」という時にぴったりのランプ、ランプシェード

Asiatique The Riverfront 105

「会社が借りてくれてるコンドーだから模様替えなんて無理」というマダムも多いでしょう。

小紋家は小紋夫がコテコテの中華系につき、玄関あけるとまず赤い仏壇がこんにちは。あちこちに「萬事意如」とか「金玉満堂」とか貼ってある。心を落ち着けるべき家の中のあちこちに興奮する色・赤を採用という、まったく落ち着かない家ですが、唯一小紋の私室だけは勘弁してもらってます。

そんな、マダムと同じぐらい「模様替えなんて無理」という環境の小紋も「これだったらちょっと気分変えになるかな!」と思ったお店がこちらです。

Asiatique The Riverfront 106

まずは卓上ランプですよね。買ってきて机に置けば結構雰囲気が変わります。

他には時計や置物。乾電池で動くので日本に帰国してからも使えるのがいいですね。また、天井のランプシェードだけを取り換えるのも可。卓上ランプより大がかりですがかなり雰囲気が変わることでしょう。等身大のランプもありですが、日本に帰国した後、電圧やなんやの関係で万が一使えなかったら、ということもあるので、小紋的には悔いの残らない卓上ランプがお勧めですかね。

Asiatique The Riverfront 107

Asiatique The Riverfront 108

ちょっと大がかりですが、結構素敵なので紹介したい!

シャンデリアが中に入っているのですが、それにカバーをつけることで光を柔らかくしなおかつ幻想的な演出ができますね。

Asiatique The Riverfront 109

こちらはタイ北部の伝統的行事、コムローイをインスピレーションのベースにしたものでしょうか。一軒家レストランで二階の個室に行く、っていうときの階段なんかにありそうなランプ。

Asiatique The Riverfront 110

最後はちょっと大がかり系のご紹介になりましたが、手軽にお部屋の雰囲気が変わるランプ、マダムもぜひどうぞ!


Bangkok madam(バンコクマダム)